BRIDLE LEATHER

革の種類

DUCT BRIDLE LEATHER

イギリス・バーミンガムの近郊、ウォルソールの町の老舗タンナー、J&E SEDGWICK社のブライドルレザーです。上質のカウハイドを6週間かけてベジタブルタンニング後、更に3か月もかけて蜜蝋、牛脂を革の深部にまで塗り込んでいます。元来は馬具(鞍など)用として使用されていたことでも分かるようにたいへん丈夫で耐久性が高く、現在では様々な革製品に使用されています。表面に浮かぶ白い粉は「ブルーム」と呼ばれ、浸透した蜜蝋が気温変化によって表面に現れて来たものです。これがブライドルレザーの特徴ですが、布等でブラッシングすることで再び革の中に戻ります。そして使い込むほどに表面に独特の美しい輝きが現れてくるのもこの革の楽しみのひとつです。