革について

革質について、説明させていただきます。

革は、天然素材です。人間がひとりずつ違うように、動物の皮も一匹ずつ違った表情を持っています。そこにはその動物の生き様が現れているのです。また1枚の皮の中でもその部位により差異があり、一定ではありません。例えば放牧中に虫に刺されたり、木々に身体を擦り付けたりすることにより、所々に傷やシミが残ることもあります。

特に、ベジタブルタンニングレザー(ヌメ革)は、表面に過度なお化粧をしていないので、そのような傷やシミが残っている場合があります。下記に主な天然皮革の革質をご説明さし上げます。

なお、弊社では、あえてこれを天然の革の証明と考え、製品に使用し、皆様にその自然の表情やエイジング(経年変化)を楽しんでいただきたいと思います。
ご了承いただいた上で、お買い求めいただきますようお願い致します。

シワ
シワ

人間の皮膚と同じく、動物の皮にもまたシワが存在します。特に首周りや腹周り等、姿勢により皮膚が折り重なる部位に見られます。そのシワを伸ばし、隠している革も存在しますが、ベジタブルタンニングレザー(ヌメ革)は、そのような表面処理をせず、あえて自然な表情を残しています。

血スジ
血スジ

人間の皮膚にも見られるように、血管が皮の下を通っていた跡で、葉脈状のスジ文様です。これもまた天然の革の証明だとご理解ください。

染めムラ
染めムラ

1枚1枚の皮によっても、またその1枚の皮の中でもその部位によって、繊維密度や厚みに微妙な差異があります。染色行程において、その差異が、色ムラを生みます。厳格に言うと、ふたつと同じ染め具合の革は無い、と言っても過言ではありません。

バラ傷
バラ傷

放牧中に虫に刺されたり、木々に身体を擦り付けたりすることで、動物の皮膚にも大小の傷が付いています。特に酷い傷でない限り、これもまた天然の革の風合いと考え、製品に使用しております。



上記以外にも、革の種類により、それぞれの特性があります。左メニューから素材別の各ページをご参照下さい。